Blog

保険のご相談に関する情報を町田から随時発信しています

町田のお客様にとって耳寄りな保険の情報をご覧いただけます

お客様から信頼していただける町田に密着した保険相談の専門会社を目指し、コンサルタント一同が日々の努力を重ねています。新規で商品をお探しの方だけでなく、すでに何らかのプランにご加入の方に対してもより良いプランニングを実践し、生命保険に関してご理解いただくために分かりやすく情報を発信しています。

町田エリアで、医療をはじめ、がん、学資、火災などの各種商品に関するご相談をお受けし、電話やメール、専用のフォームからのお問い合わせをお待ちしています。

  • ニューバイク

    ニューバイク (ほけんの相談 町田玉川学園...

    2021/04/16
    こんにちは。ほけんの相談 町田玉川学園駅前店です。4月になり暖かくなりましたね。ただまだ気温の変化があり体調を崩しやすいのでお気をつけてくださいね。コロナウイルスもまだ増えたり、不安ですが...
  • VS平山

    試合決定(ほけんの相談 町田玉川学園駅前)

    2021/04/02
    こんにちは。ほけんの相談 町田玉川学園駅前ファイナンシャル・オーシャン合同会社です。皆さま体調はいかがですか?緊急事態宣言が解除されましたが、まだ油断が出来ない日々が続きます。今回は当社...

NEW

  • トートバッグ作りました ほけんの相談 町田玉川学園駅前店

    query_builder 2021/07/20
  • 飴作りました‼️

    query_builder 2021/06/04
  • お知らせ~  町田市玉川学園駅前店

    query_builder 2021/06/01
  • ニューバイク (ほけんの相談 町田玉川学園駅前)

    query_builder 2021/04/16
  • 試合決定(ほけんの相談 町田玉川学園駅前)

    query_builder 2021/04/02

CATEGORY

ARCHIVE

駅チカの店舗を拠点とし、これまで多くのお悩みやご要望にお応えしてきたコンサルタントが皆様のお役に立つ様々な情報を町田から発信しています。保険の相談では、まずはお客様のお考えをしっかりとお伺いした上で一人ひとりが必要としている保障の内容を吟味し、ご要望にお応えする上で最適な商品を選んでご紹介します。お客様の大切な個人情報をしっかりと保護していますので、初めての方にも安心して連絡していただけます。

個人のお客様を対象とした保障はもちろん、法人のお客様のプランまで豊富にご用意し、町田地域にお住まいの皆様とつながる相談窓口としてコンサルタント一同日々努力しています。まず保険に関する基礎知識からお話しさせていただきます。結婚したタイミングやご家族が増えたタイミングの方からのお問い合わせをお待ちしています。

ご負担いただく費用とリスクについて(生命保険の留意事項)

商品によっては、主に、以下の費用とリスクがあります。ご負担いただく費用やその料率およびリスクの内容は、商品によって異なりますので、詳しくは各商品の「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」などでご確認ください。商品によっては、主に①保険関係費用(保険契約の締結・維持に必要な費用および死亡保障などに必要な費用)、②運用関係費用(投資信託の信託報酬や信託事務の諸費用など、特別勘定の運用により発生する費用)、③解約控除(解約時や減額時などに、経過年月数に応じて積立金額などから控除する費用)をご負担いただきます。上記に加え、外貨建保険については、通貨交換時に為替手数料をご負担いただきます。また、外貨によりお払込みまたはお受取りいただく際は、金融機関所定の手数料(リフティングチャージなど)をご負担いただく場合があります。 ご負担いただく費用の合計額は、上記を足し合わせた金額となります。また、商品によっては、価格変動リスクがあり、変額保険など、国内外の株式・債券などで運用を行い、その運用実績に応じて積立金額などが増減する商品では、株価や債券価格、為替の変動などにより、積立金額や将来の年金額、解約返戻金額などが既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、為替リスクがあり、外貨建の商品では、為替レートの変動により、受取時における保険金の円換算額が、契約時における保険金の円換算額や既払込保険料の円換算額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、金利変動リスクがあり、運用対象となっている資産(債券など)の市場金利に応じた価値を解約返戻
金に反映させるしくみになっているため、解約時の市場金利の変動によっては、解約返戻金が減少し、既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。